旅日記

大阪、京都から日帰りできる近場でカニ満喫したい!天橋立、宮津で活カニランチ!

かに

カニ食べに行こう!

先日、友達とカニを食べに京都府宮津市へ行ってきました。

蟹はいつも冷凍のものや、北海道に行った時なんかに

食べていましたが、今回は近場に食べに行こうということに。

 

いつもの○○道楽ではなく現地に蟹を食べに行くという、セレブスタイルになりました。

大阪と京都から行ける近場の蟹スポット、

カニを食べに行くって言っても食べに行く場所は、城崎や福井、天橋立などいろいろ。

今回のカニプランは公式の天橋立観光ガイドでチェックしました。

こちら、カニ料理・ぶりしゃぶを満喫していただく日帰りプラン

 

この、13番の活カニ満喫プランです。

つるのやのカニプラン

ランチで税、サ込で2万5千円超え!!((((;゚Д゚)))))))

超庶民のわたしには 震えるwww

行ってもイイよ!と安易に返事したけどやっぱ 震えるw

でも、どうしてもコレがいい!ここで食べたいと言うので温泉も無いけどカニだけやけど、

滅多に活カニ食べに行く事もないので、高い方を予約しました。

 

宮津に到着

2月上旬、京都駅からJRのはしだてに乗車し出発。

京都駅から約1時間半の旅です。

宮津駅

11時過ぎに宮津駅に到着。天橋立の1つ手前の駅です。

今回はJRで行きましたが、京都・大阪からも宮津への直通バス、

丹海高速バスが走っています。

旅館の方が駅まで車でお迎えに来て下さいましたのでラクラク移動です(^^)

駅から旅館まではちょっと離れていますし、カフェ?喫茶店が駅前にありますが

平日だからかどこも閉店ガラガラ。

駅ナカのカフェでお茶したかったのに・・・

基本的には金土日以外は駅周辺のお店は閉まってるらしい。

しかも、タクシーも駅前にいてない。

お迎えお願いしててよかった。

 

 

今回お邪魔する、つるのやさんに到着。

中はこじんまりしているけど綺麗な旅館です。

お部屋に通してもらうと、すでにカニが待ち構えてました!

カニ料理

イキナリのカニ!

松葉ガニの雌のセコ蟹の茹でコッペです。

外子と内子がいい感じ♪

否が応でもカニへの期待が高まります♡

カニ

そして、活カニのお刺身。

きれいなプリップリの身です。

セコ蟹の内子やお刺身を堪能してたら次は

焼き蟹用のミソが到着。

ミソは厨房で焼いてくださるようなので、今は顔見せのみ。

舌がお子様な私は今までミソを食べてこなかったけど、

今回ばかりは新鮮だし食べる気満々!笑

蟹ミソ以外の身を七輪で焼きながら、蟹味噌の到着を待ちます。

焼き過ぎないように注意しながら、

焼いて食べる分と、お鍋に入れて食べる分と1人1.5杯もある蟹を

2人とも焼くのに集中しながら食べました。

もう、写真も忘れて笑

気がつけば、焼き蟹味噌が運ばれてきてましたが、焼き蟹が美味しすぎてもう止まらない笑

焼き蟹もおなかいっぱいになって、余った蟹をしゃぶしゃぶに。

もう、この段階で野菜はいらん。と心の声が。。。

でも蟹しゃぶも満喫して、満足!

お鍋の締めのおじやも待ってた!!

もう、おなかいっぱい、、、といいながら

余ってた焼き蟹味噌とおじやように置いてた蟹味噌を入れて

こんなにおなかがパンパンやのに、おじやまで食べ切りました。

 

一旦休憩しようと、窓から外を覗くと日本海がすぐそこにありました。

新鮮で美味しいカニもあと数年ほどで獲れなくなって食べられなくなると

女将さんが仰っていて、少し残念な気持ちになりました。

 

少し風に当たりながら休んでいたら、デザートのアイスが。

玄米茶アイスで、口の中サッパリして美味しかったです。

行くまでは、高い!とか色々言ってたけど、

このお食事のボリュームと景色と旅館の雰囲気や

女将さんの話しや蟹についての想いなんかを聞くと、安いくらいかも。

とてもいいお食事でした。

しかも、支払いにPayPayが使えるなんて!

ラッキー

宮津の新鮮でたっぷりの蟹を満喫できて、

本当行ってよかったです。

そのあとは、天橋立まで送ってもらって天橋立ビューランドへ行ってきました。

タラバガニ/毛ガニ/ズワイガニなど蟹のグルメ通販サイト


オトクな情報 限定公開中!ー もっとお得に楽しもう。
をチェック ⬇︎

-旅日記

© 2020 Ayu of life Powered by AFFINGER5